【2015年版】10万円で買える満足度高そうなロードバイクを考える

これまでスポーツバイクの世界に触れたことがない人がはじめてロードバイクを購入する際、だいたい車両本体の予算10万円ってのが一つの目安になると思う。

自転車玄人な人達の中には「10万円のロードなんて鉄屑、あるいはアルミ屑だよ」なんて言う人も結構居たりする。だけどそれって結局は個人の主観に過ぎないわけで、乗っている自分が10万円以下のロードに満足しているならそれでいいんだよね。

そういうわけだから、今回は10万円以内買える上に満足度高そうなロードバイクを考える。これも結局は僕個人の主観に過ぎないんだけど、目安となる基準は以下の3つ。上に行くほど重要度は高くなる。

 

マットカラーでない

マットカラーは管理が面倒。汚れが付きやすく落ちづらい。チェーンオイルが飛び散ったりなんかしちゃった日にはシミになる。とにかく劣化しやすい。ちなみに僕のロードはマットブラック。塗装の管理まで含めて楽しめる人なら何色でもいいと思うけどね。

 

盗っ人の目に止まりづらいブランド

イタリアブランドとか盗まれやすそうなイメージ。逆にアメリカのMTBメーカーが出してるロードなんかは盗まれなさそうなイメージ。あくまでもイメージでしかない。青森みたいな田舎なら何乗っても盗まれないよ。

 

ブレーキをコストダウンしていない

画面の前の皆様の中には「ブレーキなんて一番重要な項目なんじゃないの?なんで3番目なの?」って思った人もいると思う。理由はもう至って単純。ブレーキは簡単に交換できるから。それにさ、この価格帯の完成車に付いてるブレーキって基本的に効かないから。SHIMANO製でもTiagra以下はちょっと怖い。

できれば買ったその日に信頼と安心の105以上に交換しちゃうのが理想だよね。お値段はBR-5800の新品が前後セットで8000円くらいってところ。安く済ませたいならBR-5700の中古が今なら5,000円くらいかな。ブレーキ交換なんて幼稚園児でもできるくらい簡単な作業だから、自分でやっちゃうと幸せな気分になれると思うよ。

 

で、実際にどんなのが買えるのか

長い前置きはこれで終わり。ここからは10万円以下で買えるロードバイクを紹介していくコーナー。それを人はメインコンテンツと呼んだ。画面の前でこれを読んでいる皆様の自転車選びにほんの少しでも役立ったら嬉しいなぁって(棒読み)。

価格はすべて公式サイトに表記されている希望小売価格、またはそれに準ずる価格。都会の人ならもっと安く買えるはずだし、田舎の人は高く買わされることもあるかもしれない。画面の前でこれを書いている僕は経験者である。もちろん後者の。

 

MERIDA RIDE200/RIDE210

RIDE

99,900円 9.5kg(RIDE200)/9.0kg(RIDE210)
SHIMANO SORA(2×9)

コスパ最強御三家の一角、MERIDAのエンデュランスロード。小柄な人、っていうかアジア人女性向けに「RIDE210」なる専用設計モデルが用意されてるらしい。さっすが台湾メーカー、気が利いてるよね。

僕みたいな低所得者が実際に見栄とか気にしないで乗るなら台湾メーカーがいいと思う。質実剛健っていうか、身の丈に合ってて安心する感があるっていうか。そのへんの欧州ブランドに比べたら盗まれる確率も低そうだし。

このいっこ上のRIDE400にも小柄な人向けにRIDE410が用意されてるんだけど、その更にいっこ上のRIDE4000からはそれが無くなるみたい。ギリギリ身長165cmあってよかった。いや別に自分が買うわけじゃないけど。

 

GIANT DEFY3/Liv Avail3

DEFY

97,000円 9.4kg(DEFY3)/9.2kg(Avail3)
SHIMANO SORA(2×9)

コスパ最強御三家の中で最強なGIANTの超定番モデル(らしい)。首都圏、関西圏のような自転車がブームになってる(らしい)地域に住んでる人なら、1日に1台くらいは見かけてたりするかもしれない。超人気モデルらしいね。

DEFYにも女性向けモデルのAvailが用意されてるんだけど、今年からは「Liv」とかいう別ブランドとして扱われることになったらしい。

よくよく見るとAvailはOLD135mmなんだね。誤植かなと思ったけど、Avail5もOLD135mmだからどうやら間違いではないらしい。ディスクブレーキでもないのになんでまた。

またまたこれも個人の主観なんだけど、Availのカラーリングセンスはちょっと酷いと思う。いや別に自分が乗るわけじゃないし、もしかしたら女の人はこういうの好きなのかもしれないけど…うーん。

 

SPECIALIZED ALLEZ

ALLEZ

84,000円 SHIMANO Claris(2×8)

上で紹介した台湾な連中よりも更に安いスペシャのアルミ。リアの枚数がひとつ減ったぶんお値段も8万円台。希望小売価格で84,000円だから、自転車屋さんに行けば8万円切るくらいで売ってるかもしれない。

これ近所のボッタクリショップで買ったとしても9万しなさそうだなぁ。ついでにあさひで105のブレーキ買っても10万いかないのか。今の街乗り用クロスを誰かに譲って、こういう安くて格好良いのに28Cタイヤ履かせるなりして日常使いするのもいいかもしれない。8sだからチェーンの耐久性もかなりのもんでしょ。

 

FELT Z100/ZW100

Z100

94,000円(Z100)/92,800円(ZW100)
9.9kg(Z100)/9.4kg(ZW100)
SHIMANO Claris(2×8)

GIANT、MERIDAと比べちゃうとどうしてもお得感は薄い。上のスペシャと比較しても割高感が強い。これであと1万円くらい安かったらどれだけ嬉しいことか。

ZW100は女性向けモデル。何故か少しだけ安い。いちばん大きいサイズで470を用意してるから、男でも小柄な人ならおすすめかもしれない。色も格好良いし、小さい分だけ軽いし、安いし、安いし、安いし。

 

RALEIGH Carlton-A

Carlton

96,000円 10.9kg(700C)/10.6kg(650C)
SHIMANO Claris(2×8)

ちょっとお上品なクロモリの人気モデル。クランクとかブレーキとか下手にケチったりしないでフルクラリスで統一してるのが好感持てる。良心に触れて涙が出そうになる。

それだけじゃない。なんと小柄な人向けに650Cモデルも用意されてるじゃないか!それつまり、身長140cm台の人でも乗れるってことだよね。ホイールとタイヤの選択肢は狭くなるけどね。

でもやっぱり重い。東京とか大阪の街ん中でハイカラに乗るならそれでもいいかもしれないけど、ちょっとこれは青森じゃ乗りたくないなぁ。これで自宅から十和田湖まで行けって言われたら…そりゃまぁ行けないことはないだろうけど。長野とか岐阜に住んでる人はもっと乗りたくないだろうなぁ。

 

Calamita due

カラミータ

95,000円(マットブラック、アイスホワイトの場合)
8.9kg
SHIMANO SORA(2×9)

なんだかよく分からないやつ。Wレバーだけどただの懐古趣味って感じではなさそう。クロモリで10万円切るくせして8.9kgってのがまたなんとも胡散臭い。同価格帯のアルミより軽いなんて普通は有り得ないだろ。

これもう少しカラバリが多かったら。たとえば水色とかあったら欲しいなぁ。これでちょっと笠松峠あたりまで登ってみたい。うちのバラクーダとあんまり変わらなかったりした日には一週間くらい寝込むと思う。

STI仕様でカラバリ豊富なdue+ってのも去年まではあったらしい。まだ探せば在庫は残ってるかもしれないけど、そもそもの生産数が多くないだろうから欲しい人はお早めに。

 

JAMIS QUEST SPORT JP EDITION

QUEST

79,000円
11.4kg
SHIMANO Claris(2×8)

頑張らない系クロモリに定評のあるJAMIS。クロモリだからって安易にレトロ趣味に走ってないのが好感持てる。現代的なスローピングのキツいクロモリって他じゃあんまり見ないからなぁ。

JAMISは値引きの派手さにも定評があったりするよね。これの上位モデルのQUEST COMPも実売価格なら10万円切るはず。レイノルズのパイプに魅力を感じる人ならそっちがおすすめ。

色が綺麗だから車重の重さには触れないでおこう。

 

TNI 7005MK-Ⅱ

YNI

27,000円(フレーム単体)

有名な激安フレーム。安いんだけどなかなか高品質、高性能らしい。下手に軽量化とかしてないから耐久性も高いんだとか。

自分みたいに「自宅の半径100km圏内に信用できる自転車屋がひとっつもねぇ!自分の自転車の面倒はぜーんぶ自分で見るんだ!ついでにコミュ症だから自転車屋怖い…」って人なら、一から自分で組んじゃうって選択肢もあるよね。

上手いこと海外通販とか中古パーツとか駆使すれば8万くらいで8kg台の10速車とか作れるんじゃない?円高だった頃みたいに。

 

結局のところ

こうして偉そうなこと書いてるけど、別に僕は自転車屋ってわけじゃないし、競技目的でロード乗ってるってわけでもない。だからさ、こんな記事読んでいる暇があるなら、近所の自転車屋さんにでも行って実車に触れてきたほうが絶対分かることが多いし、楽しいと思うよ。

どうせなら試乗できる店がいいよね。試乗してるうちに「あぁ俺はロードじゃなくてMTBの人だな」とか感じることもあるかもしれない。別にロードバイクが自転車の頂点に君臨してるってわけじゃないしねぇ。

あっ、それから。もし予算が5万円とかだったらクロスバイクを買ったほうが幸せになれると思う。5万円どころか3万円すら出せないのなら改造ママチャリって世界もあるよ。

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!