津軽の花見スポットを街乗りクロスでハシゴしてきた

一般的に青森県民の感覚では「桜といえばGW頃に咲くもの」って認識があると思う。もちろん自分もそう考えていたし、例年なら花見といえばGW時期にまったりと行われる行事であるはずだった。

ところが今年は例年より一週間くらい早く咲いちゃった。まだ4月の20日にもなってないってのに、弘前城も芦野公園、ついでに合浦も開花しちゃってるらしい。これは大変だ。

いつもなら「あぁ桜ね、来年も見れるでしょ」ってスルーできるけど、なんたって今年は青森で過ごす最後の春だから、徹底的に県内の花見スポットを攻略してしまわなきゃもったいない。

というわけで、ちょっとしたロングライドも兼ねた花見を決行しようじゃないかと家を出たのが日曜日の10時。まずは野木和公園方面に向かって走る。

青高の桜はこんな感じ。反対車線側からだとよく見えないけど、なんとなく白っぽくなってるのが分かるくらいには満開に近い。

wpid-wp-1429692286657.jpeg

セントラルパークの桜も撮っておく。たぶん3分咲きくらい。

wpid-wp-1429692293177.jpeg

日曜日の青森シティー中心部を抜けて内真部バイパスに入ると一瞬だけ追い風になった。重くてボロボロの安クロスでも40km台に乗るんだけど、そこから先が厳しい。

wpid-wp-1429692495465.jpeg

ん?冬季閉鎖中って文字が見えるぞ?

wpid-wp-1429692596574.jpeg

写真にはちゃんと写ってないけど「五所川原方面 冬季閉鎖中!」だってさ。油川から五所川原に抜ける県道26号の冬季閉鎖がまだ解除されてないらしい。先月確認したときは4月15日解除って書いてあった気がするんだけどなぁ。今年もこのパターンなのかぁ。

11時ちょっと前に野木和公園到着。すごい、どこ向いてもピンク色だ。公園だから当然か。

wpid-wp-1429783646953.jpeg

野木和公園は心霊スポットとしても有名だったりする。迂闊に夜桜も見に来れやしないっていう。

wpid-wp-1429783649339.jpeg

次に向かうのは芦野公園。県道2号に入って金木に向か…ファッ!?

wpid-wp-1429783644160.jpeg

金木方面 1日12時~開通」ってちょっと待て。何月の1日だよ。4月か5月か、やっぱり今年も6月なのか。

とりあえず行けるだけ行ってみる。日陰に雪が残ってるけど見ないようにしよう。ここ標高50mもない場所なのになぁ。

wpid-wp-1429695770601.jpeg

本格的な山に入ってきた。斜度10%って書いてるけど、そんな本格的な峠じゃないからボロクロスでも余裕で登れる。

wpid-wp-1429701367908.jpeg

余裕って書いたけどこれはあくまでも八甲田山と比べた場合の話。ツラくないとは一言も言ってないんだよなぁ。だって10%だよ10%。下りだったらフロントタイヤの接地感が消えるか消えないかくらいの数字じゃん。

wpid-wp-1429701371350.jpeg

青森と五所川原の市境手前で、上から下ってきたロードバイクに遭遇。「こんにちはー」って挨拶されたので、こちらも「ハァッ・・・フォヒフィアアアアッ・・・フヒィ・・・(日本語訳:こんにちはー)」って返した。

レーパンジャージどころかグローブすら装着してないボロクロスの自分に挨拶してくれたあのローディさんマジ聖人君子。きっと前世はガンジーかあるいは聖徳太子だよ。

五所川原の市域に入ると待望の下り。道路の脇を流れる沢からアンモニア臭がするんだけどそれすら気にならないくらいの下り。

wpid-wp-1429701374473.jpeg

下った先は金木の寂れた街。吉幾三、太宰治、そして羽柴誠三秀吉を輩出した街である。よく分からないけどとりあえずしゅごい。

wpid-wp-1429701380477.jpeg

それっぽい雰囲気になってきた。実は花見の時期に芦野公園に来るのは初めてだったりする。

wpid-wp-1429701377386.jpeg

自転車を止められそうなところが見当たらないので、とりあえず適当なところに地球ロックしておく。

wpid-wp-1429701383381.jpeg

全国規模な弘前の桜祭りと違って、ここは地域住民だけのひっそりとした祭って感じなんだなぁ。例によって小学生ですら一人称が「わ」だったりするし。

wpid-wp-1429702019293.jpeg

公園の中を通る単線の津軽鉄道はあざといくらい田舎らしい。黄色くないけどあざといなぁ。

wpid-wp-1429702028028.jpeg

じゃ…じゃが丸くん?

wpid-wp-1429702031059.jpeg

買ってみた。

wpid-wp-1429704845079.jpeg

うーん、じゃがいもだなぁ。ひたっすらじゃがいもの味。もう少し塩気が欲しい。ジジババなら「めすぎねしていい(日本語訳:しょっぱすぎなくていい」とか言うかもしれないけど。

じゃが丸くん食べたらトイレ行きたくなった。すぐ近くのローソンに入る。何も買わないで出るのは気まずいので、水曜どうでしょうフィギュアを買う。田舎だからか大量に売れ残ってたんだよね。

wpid-wp-1429704848972.jpeg

開封したら「団結!」の文字。山田くん以外の何者でもなかった。中に藤やんとか乗ってないかなーって思ったけど、どっからどう見ても荷物しか乗ってない。

wpid-wp-1429704852859.jpeg

いやうん、喜界島はわりと好きな企画だけどさぁ。これ単体をどうしろと。つまりもう一箱買えってことなのか。これ700円だよ700円。食玩にしては高いだけあって精密だけどさぁ…地味にホイールも回転するけどさぁ。

次は弘前公園に行ってみる。となると米マイを南下するコースか。

wpid-wp-1429704858266.jpeg

若干追い風っぽい中をひたすら走る。すれ違うローディさん達は少し辛そう。やっぱり青森に吹く風は基本的に西風なんだなぁ。やませ?知らない子ですね。

wpid-wp-1429704862640.jpeg

五所川原の寂れた街を過ぎると岩木山が大きくなってくる。周りは一面りんご畑で、たまに野焼きの煙の中に突っ込んだりしながら走る。あぁ、あざといくらいに青森だなぁ。

wpid-wp-1429704866850.jpeg

五所川原から特に何も考えずR339を走ってきたけど、あらためてこうして青看でR339って案内を見ると「あの有名なR439の100番前じゃん!すげぇすげぇ、田舎のマイナー国道だ!」って感じちゃう。

wpid-wp-1429780448371.jpeg

弘前の街が近づくと自転車レーンらしき何かが出現。と思ったら100mで消滅。田舎だからしゃーないね。

wpid-wp-1429704869584.jpeg

弘前公園に到着したのが3時過ぎ。金木のローソンで山田くんを開封してたのが1時半頃だったから、追い風の中で40kmを1時間半くらい掛けて走ってきたことになるのか。うーん、まぁ…その…うん。

wpid-wp-1429704872702.jpeg

桜のトンネルを通って中に入っていく。遠くからバイクの排気音っぽい音が聞こえてきた。今年もオートバイサーカスが来てるらしい。

wpid-wp-1429707178260.jpeg

毎年思うけどこれほんと凄いよなぁ。樽のフチのギリギリまで上がってくるんだもん怖いってレベルじゃないよ。スマホのカメラじゃその凄さを伝えることができないのが残念。

wpid-wp-1429707181651.jpeg

オートバイサーカスを出て、再び桜のトンネルを通ってボロクロスの元へ戻る。リア充大学生がボートに乗って騒いでるけど気にしちゃいけない。ちょっとでも劣等感を感じたらペダルが重くなっちゃうから。

あっ、えっ、ちょっ…なんだこの傷は!

wpid-wp-1429780396746.jpeg

この画像だと分かりづらいけど、「CROSS」の文字の上のあたりにうっすらと傷が入ってる。受け入れたくないけど、これっていわゆる10円パンチってやつだよね。たぶん。

自転車も10円パンチされるんだなぁ。それもこんな安物のクロスがだよ。元から傷だらけだからあんまり気にならないけど。もし10円パンチされたのがバラクーダだったら怒り狂って無差別テロ起こしてたと思う。

とりあえず弘前公園を後にする。弘前って単純に街の規模だけなら青森の3分の2くらいのはずなんだけど、なんとなく雰囲気が洗練されてて都会っぽいよね。街を歩いてる人もどこか金持ちっぽいっていうか。山と海に囲まれて狭っ苦しい青森とは根本から違う気がする。

wpid-wp-1429780419199.jpeg

そろそろ日が傾いてきた。時間的にあともう一箇所くらい回るのが限界だなぁ。弘前からだと猿賀公園あたりが手頃かな。たまにはGoogle先生のナビに従って走ってみよう。

wpid-wp-1429780423796.jpeg

Google先生が「猿賀公園まで11kmやでー」って言うから、じゃあ30分も掛からないだろと思った自分は米マイロードとR339に毒されちゃってたんだと思う。

wpid-wp-1429780433076.jpeg

弘前公園から50分くらいで猿賀公園に到着。見た感じ満開っぽい?実は満開の基準がよく分かってない俺氏であった。

wpid-wp-1429780436794.jpeg

猿賀の桜も見たとこであとは帰るだけ。なんだけど、なんか力が湧いてこない。どうあがいてもサイコンの速度表示が20kmを超えない。もしかして足が売り切れちゃった?まさかそんな。なんだかんだで100kmくらいしか走ってないってのに。

wpid-wp-1429780439849.jpeg

もしかしてハンガーノックかな。今思えばじゃが丸くん食ってから何も口にしてない。何か食べなきゃ帰れない。だけどコンビニが見当たらない。なんたってここは田舎館村だから。自ら田舎を名乗っちゃうレベルの田舎にコンビニなんてあるわけないんだよなぁ。

そうだ、道の駅だ。道の駅に入ればソフトクリームとかあるって。絶対。

wpid-wp-1429780443040.jpeg

軽くふらつきながら田舎館の道の駅に入る。日曜日なのに人気が無い。経営大丈夫なのかな。

wpid-wp-1429780445595.jpeg

ソフトクリームを探そうとするんだけど、道の駅の中を歩きまわる力すら湧いてこない。しゃーない、目立つところに置いてある自販機アイスで我慢しよう。頼むよとちおとめ、青森まで走るエネルギーになってくれよ。

wpid-wp-1429782821698.jpeg

食ってトイレ行ってすぐ道の駅を出る。サイコンは32kmを表示してる。ハンガーノックってこんな簡単に回復するもんなのかな。

道の駅から1.5kmくらい走ったところでサークルKを発見。なんだよぉ…こっちに入ってれば500キロカロリーはある菓子パンなりなんなり食えたのになぁ。

wpid-wp-1429782825342.jpeg

そこからしばらく走らないうちにまたサークルKを発見。なんだよ田舎館村、コンビニあるじゃないか。都会館村に改名しろよ。

wpid-wp-1429782828823.jpeg

都会館村からも岩木山が見える。岩木山って津軽平野のどこからでも見えるんだよね。山岳信仰なんてものがあるのも理解できる気がするなぁ。

wpid-wp-1429782831885.jpeg

そんな花見の総走行距離は141.6km。クッソ重いボロクロスでよく頑張った。ほとんど平地だったけど。まぁね、青森生活最後の春を満喫できたからよかったんじゃないかな。

このくらいの距離走るとロードバイクを買い戻したくなってくるよなぁ。有名なTNIの安フレームでも買おうかな。

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!