未改造秋津洲の高速レベリングを実施した記録…かもっ!

産廃

今日のアプデで実装される新海域6-3は、あの産廃鴨こと秋津洲が大活躍するマップらしい。どうしよう、秋津洲育ててないや。

この状態で「攻略には秋津洲が必須やでー」とか言われたら大変なので、全力で高速レベリングしてみた。

 

三式爆雷は積める…けど

産廃ちゃん

秋津洲は爆雷ソナーが積めるので、1-5や4-3あたりに持っていって対潜要員させるとすくすく育つ……のであれば産廃鴨呼ばわりはされない。何故秋津洲は対潜要員になれないのか、その理由は以下の5つ。

  1. 対潜攻撃を発動させるには二式大艇or瑞雲系も一緒に装備する必要がある。ちなみに二式大艇の対潜値は+1。産廃ってレベルで済まされないよこれ。
  2. 1スロあたり1機しか積めない二式大艇or瑞雲系が落とされると対潜攻撃できなくなってしまう。4-3南ルートで軽空母編成引いたらどうなるんだこれ。
  3. そもそも未改造の無印秋津洲は九三式、三式ソナー共に積めない。ランカー報酬の零式ソナーは積める。
  4. 上記の理由から基本的に対潜火力が足りなさすぎる。未改造のうちはMVPなんて夢のまた夢。
  5. そもそも4-3レベリングは水母不可。ルート逸れちゃうから。

つまりそういうことだから、未改造秋津洲は1-5、4-3共にほとんど戦力にならない。やっぱり演習で地道に育てるのが一番効率が良いんだよなぁ。

 

だったら3-2-1だ

編成例 秋津洲、戦艦1、軽空母4

秋津洲レベリング編成

秋津洲のような非戦闘艦はどうあがいてもMVPを取れないので、何の捻りも無い軽空母全力投入の超絶ブラックレベリングが結局一番速い。提督の疲労度も溜まらないし、バケツも全く消費しないし、意外とボーキの消費量も少ないし。

しかし赤疲労の軽空母達に心が痛む。ただかわいいだけの産廃のレベリングに、どうして軽空母達が痛みを堪える必要があるの!?

画面の前でこれを読んでいる皆様の中には「潜水艦入れなくても大丈夫なの?」なんて思った方もいるはず。そう、実は入れなくても大丈夫なんです。

軽空母って意外と赤疲労状態でも硬いし、撃ち漏らしを掃除する能力は戦艦のほうが高い。だから潜水艦の出番はないかなーって。

戦艦はMVP率が高く疲労が溜まりづらいので、入れ替えの回数を減らせるのも魅力の一つ。

 

で、結局

今この文章を書いているのは6月26日のAM10時43分。秋津洲のレベルは・・・28です。改造できてないじゃん。

寝落ちしちゃったんだね、しゃーないね。

 

6月27日追記

秋津洲、6-3でもいらない子扱いでしたね。水母ちとちよのほうが優秀だもん、しゃーないよ。夏イベに期待しましょ。夏イベに。

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!