【2016年冬版】コンビニのシェアを都市別に調べてみた

IMG_3579

関東圏ではセブンイレブンが強くて、中京圏ではサークルKが強い。関西圏ではローソンが強かったけど、最近はセブンやファミマの侵攻が激しい。北海道のセイコーマートにはセブンイレブンも勝てない。

コンビニの勢力図は地域によってさまざまだ。2016年2月現在、コンビニ業界で一番店舗数が多いのはセブンイレブンってことになってるけど、青森県民的にはコンビニと言えばやっぱりローソンだ。

そこで今回は、各都市ごとにコンビニのシェアを調べてみた。

 

東京23区

店舗数 シェア
セブン 1650 31.01%
ファミマ 1503 28.25%
ローソン 1264 23.75%
サークルK 38 456 0.71% 8.57%
サンクス 418 7.86%
ミニストップ 205 3.85%
デイリー 114 2.14%
スリーエフ 104 1.95%
ポプラ 25 0.47%
合計 5,321店舗
10万人あたりの店舗数 57.49店舗

区別に見ていくと、意外にセブン、ファミマ、ローソンは拮抗してるように見えるんだけど、23区ぜーんぶ合計しちゃうとやっぱりセブンの圧勝。えげつないなぁ。

日本全体で見た場合、コンビニの店舗数は上からセブン、ローソン、ファミマってことになってるけど、東京だけに限定するとローソンとファミマは逆転することになる。ローソンは西日本のほうが強いもんね。

 

大阪市

店舗数 シェア
ファミマ 535 32.98%
ローソン 436 26.88%
セブン 406 25.03%
サークルK 48 137 2.96% 8.45%
サンクス 89 5.49%
デイリー 62 3.82%
ミニストップ 27 1.66%
ポプラ 19 1.17%
合計 1,622店舗
10万人あたりの店舗数 60.20店舗

東京に比べると上位3社は拮抗してる印象があるけど、その中でもファミマは頭一つ抜けてる状況。2位のローソンとの差は100店舗、更にセブンとの差は130店舗。西日本はローソンが強いイメージがあったんだけどなぁ。これは意外だ。

これでファミマとサークルKサンクスとブランド統合してしまった暁には、大阪市のコンビニの4割がファミマになってしまうわけだ。独禁法とか大丈夫なのかな…なんて思わないでもないけど、たぶんそれに関しては名古屋のほうが酷いのか。

 

名古屋市

店舗数 シェア
サークルK 392 405 29.74% 30.73%
サンクス 13 0.99%
セブン 382 28.98%
ローソン 228 17.30%
ファミマ 218 16.54%
ミニストップ 46 3.49%
デイリー 39 2.96%
合計 1,318店舗
10万人あたりの店舗数 57.64店舗

名古屋はやっぱりサークルKが圧倒的に強いんだろうなぁと思ったら意外とそんなことはなかった。今んところは僅差でサークルKサンクスの勝利だけど、もしファミマのブランド統合が無かったとしたら、来年の今頃には抜かれてたんだろうなぁ。

名古屋にセブンが初出店したのが2004年。それからたった12年で400店舗。すごい繁殖力。葛か、あるいはゴキブリか。これは文化の破壊だ。セブンによる文化の破壊だ。

 

福岡市

店舗数 シェア
セブン 264 34.65%
ファミマ 195 25.59%
ローソン 179 23.49%
サークルK 0 55 0.00% 7.22%
サンクス 55 7.22%
ミニストップ 36 4.72%
デイリー 22 2.89%
ポプラ 11 1.44%
合計 762店舗
10万人あたりの店舗数 49.74店舗

なんか普通すぎ。西日本だからローソンが強いかなぁと思ったけど別にそんなことはなく、やっぱりセブンのシェアが35%くらいあって。ローソンはファミマの下に甘んじてて。地味にミニストップやデイリーヤマザキのシェアは高いけど、あとは東京と変わんないじゃん。

 

札幌市

店舗数 シェア
セコマ 289 32.25%
セブン 236 26.34%
ローソン 224 25.00%
サークルK 0 107 0.00% 11.94%
サンクス 107 11.94%
ファミマ 40 4.46%
合計 896店舗
10万人あたりの店舗数 46.16店舗

やっぱり北海道はセイコーマートが強い。区別に見ていくと、中央区なんかはセブンやローソンのシェアが圧倒的に高いんだけど、中心から離れれば離れるほどセイコーマートが強くなっていく感じ。

離島なだけあって、デイリーヤマザキとかミニストップみたいな中堅どころのコンビニは未上陸。ファミマの進出すら青森と変わらないくらい遅かったらしい。

あとね、すすきののローソン密度は異常だと思う。ストリートビューだとあんまり多いなーとは感じないけど、地図上では気持ち悪いくらいにローソンが密集してる。これがドミナント戦略か…

 

仙台市

店舗数 シェア
セブン 159 29.28%
ファミマ 127 20.81%
ローソン 113 23.39%
サークルK 0 69 0.00% 12.71%
サンクス 69 12.71%
ミニストップ 52 9.58%
デイリー 23 4.24%
合計 543店舗
10万人あたりの店舗数 50.42店舗

仙台はよく「リトル東京」「東京の植民地」なんて呼ばれて、独自の産業とか雰囲気がない都市だなんて言われるけど、それはコンビニのシェアにも当てはまるみたいだ。

セブンが一番多くて、その次にファミマ、ローソン、その下にサークルKサンクス。東京とまったく同じ。面白味がない。確かサンクスの1号店は仙台だったはずなんだけどなぁ…

 

広島市

店舗数 シェア
セブン 241 46.43%
ファミマ 86 17.41%
ローソン 70 13.62%
ポプラ 49 9.15%
サークルK 0 37 0.00% 8.26%
サンクス 37 8.26%
デイリー 23 5.13%
合計 506店舗
10万人あたりの店舗数 37.69店舗

そもそもコンビニ自体が少ない。仙台市(人口108万)が543店舗に対して、人口119万の広島は448店舗。10万人あたりの店舗数でも、他都市に比べて10店舗以上少ない37.69店舗。そうねぇ…全国チェーンによる文化破壊が進んでないって解釈すれば幸せになれるかな?

で、そんな広島ではセブンのシェアが5割近いことになっちゃってるけど、これはおそらく他チェーンが広島に興味がないだけなんじゃ…?個人的にはポプラがもうちょっと多かったら嬉しいんだけどなぁ。

 

まとめ

各都市見てきて思ったけど、セブンってどこの地域でも強いんだね。名古屋や札幌みたいにローカルなコンビニが強いとこでも、とりあえず2位には入ってる。唯一大阪だけは3位だけど。

それがファミマとサークルKサンクスのブランド統合でどう変わっていくのか。セブンとファミマの1位争いにローソンはついていけるのか。中堅弱小コンビニの今後はどうなるのか。今後もコンビニ業界からは目が離せないことになりそうだ。

ん?珍しくまともな締め方できたぞ?

 

おまけ

このブログの読者はたぶん青森の人が多いと思うので、青森市のコンビニのシェアも調べてみた。青森も今後数年間で勢力図が一気に変わりそうだからねぇ、こうして記録するのは大事だよね。

ローソン 44 36.07%
サークルK 19 42 15.57% 34.43%
サンクス 23 18.85%
ファミマ 17 13.93%
デイリー 9 7.38%
セブン 7 5.74%
ミニストップ 3 2.46%
合計 122店舗
10万人あたりの店舗数 42.43店舗

1997年にローソンが初出店して以来、青森はずーっとローソン帝国だったわけだけど、先駆者のサークルKもサンクスと合わせれば拮抗していると言えなくもない。これでファミマとブランド統合してしまった日には、市内のコンビニの半分がファミマに…はないか。

不採算店の整理とかも含めて考えれば、最終的にファミマ率は4割くらいになるのかな。特にサークルKなんて不採算店が多そうだもんね。たとえばNTTのとことか。

あと去年初上陸してきたセブンの動向も気にならないでもない。東京の王者は青森でも王者になれるのか。たぶんなっちゃうんだろうなぁ。あぁ、ローソンが不憫に思えてきた。俺は死ぬまでローソン派だよ。

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!