大手コンビニ各社の鮭おにぎりを食べ比べたらサークルKサンクスが最強だった

wp-1462896216582.jpeg

去年の夏に書いた、大手コンビニ5社の納豆巻きを食べ比べた記事がなんだか好評みたい。そういうわけで、無難に前例を踏襲するってわけじゃないけど、コンビニ食べ比べシリーズ第二弾として、鮭おにぎりの食べ比べをしてみた。

食べ比べの対象になるのはセブンイレブン、ローソン、ファミマ、サークルKサンクスの大手四社。

 

セブンイレブン 熟成紅しゃけ 税込140円

wp-1462895946678.jpeg

「紅じゃけ」じゃなくて「紅しゃけ」とはこれいかに。そんで熟成ってのは何をどう熟成してるんだろう。商品名への突っ込みはこれくらいにして。

海苔がしっとりしているけど、噛み千切りづらいってこともなく。米が一粒一粒独立している感じがあるっていうか、パラパラ感があるっていうか。水分が少なめなのかな。だけど食ってて崩壊してくるってことはなく。そして鮭は塩気控えめ。

 

ファミリーマート 紅しゃけ 税込140円

wp-1462895944617.jpeg

こちらも「紅じゃけ」ではなく「紅しゃけ」だ。違和感感じるなぁ。

ファミマは鮭の塩気をしっかり感じられる。まだ物足りなさはあるけど、合格点はあげられるくらいの塩気だな。海苔はコンビニおにぎりらしくパリパリしてて、海苔らしい香ばしさを感じられる。米もしっとりふっくらしててクセがない。

 

ファミリーマート 焼鮭 税込120円

ファミマからはもう一種類。焼鮭だってさ。これは別の日に食ったやーつ。

wp-1462895508700.jpeg

うーん薄い。薄味だ。鮭の香ばしさは感じられないでもないけど、あとはひたすら米の甘さだけ。塩気が圧倒的に足りないな。

海苔が湿ってる。噛み千切るとかそういう問題じゃなく、米と同じくらいの柔らかさ。五目おにぎりとか炒飯おにぎりと同系統な感じ。米はしっとりふっくら、紅しゃけと全く同じものかと思われる。

 

サークルKサンクス 紅鮭 税込140円

納豆巻きの食べ比べでは他社を圧倒的に引き離して糞マズいで賞を授与されたサークルKサンクス。ファミマに吸収される前におにぎりで名誉挽回なるか。ちなみにこいつは「紅鮭」と書いて「べにざけ」だってさ。

wp-1462895942441.jpeg

おぉ、海苔が固い。食うたびに海苔がバキバキする。香ばしさや塩気は控えめ。なんかいかにも海苔って感じの海苔だな。ジジババが好きそうだ。

鮭がうめぇ!ファミマみたいにひたすら塩気を感じるってだけじゃなく、複雑な美味しさを感じるぞ。これがいわゆる旨味ってやつだな。あぁ美味い、これはいい。

米はいかにもコンビニおにぎりって感じの、甘苦しょっぱい独特の科学的な風味。後味もコンビニおにぎりらしい。サークルKサンクスの商品って、おにぎりに限らず古典的な感じだよね。良く言えば慣れ親しんだ味、悪く言えばちゃんと研究開発してない味。

 

ローソン 紅さけ 税込135円

wp-1462895505524.jpeg

他社の紅鮭より5円だけ安い。

その5円の差は何なのかっていうと、おそらく鮭の量。他社よりも圧倒的に鮭の量が少なく感じる。そして薄味。米は若干クセが強めかな?サークルKサンクスほどではないけど、独特の後味を感じないでもない。海苔もまぁパリパリ、至って普通のコンビニおにぎりの海苔だ。

 

総評

今回食った鮭おにぎりに美味さランキングを付けるとこんな感じか。

  1. サークルKサンクス
  2. ファミリーマート(紅しゃけ)
  3. ローソン
  4. セブンイレブン
  5. ファミリーマート(焼鮭)

納豆巻きでは圧倒的最下位、圧倒的産廃、圧倒的ゲロ以下のゴミクズだったサークルKサンクスが、鮭おにぎりではまさかの1位。なんてったってこのランキングは個人の主観だからね。それでもサークルKサンクスの鮭の味の立体感っていうか、旨味の強さは他を寄せ付けないと思う。あとは米のクセの強さに馴染めるかどうか。

なんて言ってみたものの、今秋からサークルKサンクスは順次ファミマへブランド統合されていくわけで。悲しみしか感じない。青森出身の僕としては、サークルKが消滅するのは寂しさしか感じない。

あーそうだそうだ、そのうちCherie Dolceの食べ納めをしなきゃな。一週間Cherie Dolce生活とか。糖尿病になりそうだ、うちの家系は糖尿病多いみたいだし。

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!