2017年冬アニメの感想を書いてみた

f:id:curemasuta:20170510015322p:plain

既にGWも明け、5月病に悶え苦しむ今日このごろ、既に春アニメも5話に差し掛かろうとしている今このとき、物凄く今更感が強いんですが、2017年冬アニメの中で、最終回まで観た作品の感想を書いてみました。

 

目次

  1. けものフレンズ
  2. 幼女戦記
  3. 小林さんちのメイドラゴン
  4. 昭和元禄落語心中 助六再び篇
  5. CHAOS;CHILD
  6. クズの本懐
  7. ハンドシェイカー

 

けものフレンズ

f:id:curemasuta:20170510012604p:plain

Goodポイント

  1. 逆に新鮮さを感じる超王道展開
  2. 構成が丁寧で、伏線の張り方が上手い
  3. 「けものはいてものけものはいない」
  4. 完全に解明されない世界観
  5. 制作者と視聴者の距離が近い
  6. ガチックはフェネ

Badポイント

  1. 初見だと1話がつらい

 

Twitterで流れてきたOPの歌詞の「けものはいてものけものはいない」のフレーズにつられて、「クソみたいな生き方してる自分でも、これを観ている間だけは一人の人間として認められるんじゃ……」と救済のようなものを求めて観始めました。

案の定、1話は辛かったです。キャラの動きや表情はぎこちなく、かといって声優の演技が良いわけでもなく、むしろサーバルちゃんは棒だし。

 

それが2話以降は加速度的に面白くなっていくんですよね。 

各回ごとに登場するゲストキャラたちは、「フレンズ化してから歌が上手く歌えない」「家を作りたいけど作り方が分からない」なんて具合に各々悩みを抱えています。それを主人公のかばんちゃんが解決していく中で、物語全体の謎を解くヒントが小出しにされ、最終的にはかばんちゃんの正体が判明します。

こんな王道展開、他にはプリキュアでしか観られませんからね!

 

話が進むにつれ、実は1話が伏線の塊だったことが判明していくので、構成の巧さにも驚かされますし。最終回まで観た後に1話を見直してみると、1秒たりとも無駄なシーンがないことに気付きます。

 

エヴァが放映されて以降、ここ20年くらいのアニメって、いかに奇をてらって視聴者の意表を突くか……という点に力を入れすぎな気がします。

特にまどマギ3話でマミさんがマミって以降「3話までに衝撃的な展開を入れないアニメはゴミ!」なんて風潮が出来上がり、それが悪名高き艦これ3話を作り上げてしまったことは言うまでもありません。

「けものフレンズ」は、そんな風潮をあざ笑うかのように、1クールに渡って超王道展開を丁寧に描き切りました。それも超低予算、超少人数でですよ。

 

制作の中核を担ったたつき監督、伊佐作画監督、白水美術監督の3人は、もともと「irodori」という個人制作アニメサークルを結成し、2008年頃からニコニコへオリジナルアニメを投稿していたようです。

第一作目の「眼鏡」です。毎月2分くらいずつ作っていき、12ヶ月掛けて30分枠1話分のアニメを作っています。興味のある方はご覧下さい。

 

幼女戦記

f:id:curemasuta:20170510011421p:plain

Goodポイント

  1. 回が進むごとに激化するターニャおじさんの顔芸
  2. 運命と存在Xに翻弄されるターニャおじさんの苦悩
  3. 史実を元にした大戦期の異世界という設定の新鮮さ
  4. ミニアニメ「ようじょしぇんき」

Badポイント

  1. 結局のところ「俺TUEEEEE」じゃん

 

タイトルはアレですが、わりと真面目な戦記ものです。

いわゆる異世界転生モノですが、舞台は大戦期のヨーロッパとよく似た世界です。主人公のターニャが転生した「帝国」は強大な国力を持っていますが、四方を敵に囲まれて、ジリジリと消耗しつつあります。

 

まあ、元がネット小説なので、ターニャが「俺TUEEE」する展開も盛り込まれています。ですが、ターニャは軍の中で大きな権限を持っているわけではないので、個々の戦闘では勝てたとしても、大戦の行く末までは変えられません。

ターニャがどれだけ頑張っても、上層部が油断すれば大戦には負けます。そのもどかしさや、ターニャを異世界に転生させた元凶である存在X……もとい神的存在の理不尽さ、狂ったようにリアリズムを崇拝するターニャの顔芸など、見どころは非常に多いです。

 

異世界転生モノというジャンルの中ではハードでリアル寄りの作風なので、「ニートが異世界に転生したら勇者でハーレム王だった」的な作品が苦手な方でも楽しめるかと。

 

あと、おっさんが格好良いです。胃痛に苦しむ中間管理職のレルゲン中佐や、何かとターニャに目をかけるゼートゥーア閣下とか。そもそもターニャだって転生前はおっさんでしたし。

 

小林さんちのメイドラゴン

f:id:curemasuta:20170510011436p:plain

Goodポイント

  1. ほのぼの、ちょっと感動系な異種間コミュニケーション
  2. キャラクターの肉感が素晴らしい
  3. クール教信者先生……出世したなぁ……

Badポイント

  1. エルマってもうちょっと早く出せなかったの?

 

クール教信者先生の作品を京アニがアニメ化したら、至高の日常系アニメが爆誕しました。まあ、クール教信者先生の作品を「日常系」って呼ぶのは少し違う気もしますが。

クール教信者先生の作品といえば、「あたしンち」のような現実っぽい世界観や背景に、まるで実在しそうなキャラクターを少しデフォルメした絵柄で登場させ、少しアングラで不思議系、笑えるんだけどしんみりしたお話を展開するのが特徴ですよね。

世間がどう言おうと、僕はクール教信者先生の作品が好きです。 

 

クール教信者先生の原作を、京アニがこだわりを持ってアニメ化すれば、そりゃ至高の日常系アニメが爆誕しますよね。あくまでも僕個人の感想ですが。

7話の水着回、最高でした。肉感が素晴らしいです。流石にルコア様は奇乳だろとしか言えませんが、トールくらいだと最高ですよね。抱き心地が良さそうです。カンナちゃんも将来有望そうで何よりです。あと2年くらいしたら食べ頃でしょう。

 

じゃなくて!!!

 

クール教信者先生の作品を読むと、作中で描かれる家族の姿が羨ましくなります。

たとえばメイドラゴンだと、小林さんとトール、カンナちゃん。人間とドラゴン。種族が違えば力も違い、価値観なんかも当然違うわけです。もちろん寿命だってそうです。それでも三人は家族です。ヤンスとファフ君だってそうですよ。

「旦那が何を言っているかわからない件」でも、旦那とカオル、「サビ抜きカノジョ」の二人、田中さんと山田さん、三木さんとマヨタマ氏……と、様々な形の夫婦が登場するんですけど、どの夫婦も暖かいんですよね。

 

はー……家族が欲しい。

 

昭和元禄落語心中 助六再び篇

f:id:curemasuta:20170510011732p:plain

Goodポイント

  1. 元落語家の伊集院光が「リアルだ」と言う落語家描写
  2. あえて秘密を残すことで生まれる余韻
  3. 八雲師匠と与太ちゃんの関係の良さ
  4. 松田さん生きとったんかワレ!!!

Badポイント

  1. 特になし

 

おっさんが格好良いアニメです。

昭和初期から昭和末期までを描いた1期に続いて、2期では平成初期から現在までを描いています。合わせて90年分の落語界の歴史を描いた超大作です。

まあ、ノンフィクションではないんですけど。

 

1期もそうでしたが、2期も終始ドロドロしてましね。結局のところ、信ちゃんが誰の子なのかは作者のみぞ知る……というわけですが、与太ちゃんに言わせりゃ血なんて関係ないです。愛さえあればそれでいいって話です。

 

八雲師匠も身奇麗に見えて業が深いんですよね。

二代目助六の死後、まるで落語界の闇を一手に背負ってきたように描かれますが、実際のところ八雲師匠だってやらかしちゃってる可能性もあるわけで。それを受け止める与太ちゃんの器の大きさが際立ちます。

ですが、与太ちゃんだって元はチンピラですから、結局のところ誰もが業を背負って生きてるんですよね。

 

他人の秘密はどうしても探りたくなるものですが、秘密を全てあけっぴろげにしなきゃならない世界なんて息苦しいことこの上ないです。どうして人は他人の秘密を探りたくなるのかというと、結局のところは相手への警戒なんじゃないですかね。

お互い秘密は秘密のまま……それって深い信頼関係があってこそのものです。たとえ相手の全てを知らずとも、安心して背中を任せられる……そんな八雲師匠と与太ちゃんの関係は素敵です。

 

CHAOS;CHILD

f:id:curemasuta:20170510011917p:plain

Goodポイント

  1. 原作が面白いことは伝わった
  2. 有村さんの貴重な放尿シーン
  3. OP「Uncontrollable」の雰囲気が良かった
  4. カオヘの再アニメ化

Badポイント

  1. 明らかに尺が足りない
  2. シュタゲのように2クールは欲しかった
  3. まるで1話見逃したかのような展開の早さ
  4. カオヘのダイジェスト、いらねーじゃん

 

おっけいさん、かわいい。有村さん、かわいい。泉理、かわいい。結衣、かわいい。そして尺、まったく足りてねぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

志倉千代丸作品を1クール12話でアニメ化すると、往々にして尺不足に陥り、支離滅裂で無茶苦茶で意味不明で何がしたかったのか分からない作品が出来上がることでお馴染みです。

16秋の「Occultic;Nine」は、キャラクターの会話の速度が通常の1.5倍速くらいだったのと、そもそもの原作が2巻までしか出ていなかったこともあって、1クールで綺麗に収まっていましたが、カオチャもう……本当に酷い……。

CHAOS;CHILDの前日談「CHAOS;HEAD」をアニメ化した際にも圧倒的尺不足だったので、今回は反省したかと思いきや、結果的にこれですよ。

 

0話でカオヘを再アニメ化してくれたのは嬉しかったんですけど、たった1クールだけの尺の1話を削ってまで突っ込む程じゃないですよね。カオチャがカオヘから受け継いでいるのって、世界観と能力の設定だけですよね。

 

ただ、原作をプレイしてみたくはなりました。

イマジナリーフレンドの物語だなんて、素敵じゃないですか。創造者を守るためならなんでもする……って、僕らのような非リアで根暗でオタク気質な人間からすれば、憧れるじゃないですか。

おそらく原作は面白いはずなので、シュタゲのように2クール以上でじっくりやってくれてたら、もしかしたら後世まで語り継がれる傑作になってたかもしれませんよね。なんて勿体無いんだろう。

 

クズの本懐

f:id:curemasuta:20170510012051p:plain

Goodポイント

  1. 良くも悪くも恋愛に溺れる人間を描けていた
  2. 綺麗だけど汚れたエロ
  3. 絵は綺麗だったよね

Badポイント

  1. フィクションとしてはクソオブクソ

 

かなり賛否両論別れた作品ですが、僕は好きでした。

フィクションとして見れば微妙な出来だと思いますが、もしノンフィクションだと言われたら「あー……うん……リアルの恋愛脳の恋愛観ってそんな感じよね……」という良くわからない賞賛を浴びせたくはあります。

 

物語は登場人物のポエム調の一人称視点によって進んでいきます。このポエムの意味の分からなさが最高です。「あーそうそう、恋愛至上主義の人の思考回路ってこんな感じだよね」なんて思いながら観てました。

恋愛至上主義の人って、何故か自分の人生をフィクションの物語のように美しく、ご都合主義的に演出するのが好きですが、それをアニメ化するとこうなるんですね。

 

あくまでもフィクションの物語として観るなら、最高に意味が分からないんですけどね。花火の心の移り変わりとか、何故か報われるクソビッチ先生とか。でも、リアルの恋愛脳な人たちって、こんな感じで意味不明な生き方してますよね。

そういう意味で、原作者すげー!よく見てんなー!と言いたくなります。

 

ハンドシェイカー

f:id:curemasuta:20170510012413p:plain

Goodポイント

  1. こよりちゃんがかわいい
  2. 映像技術は凄い
  3. なんとなく懐かしい気分になる

Badポイント

  1. 意味のない凝ったカメラワーク
  2. 意味のない垂れ流し劇伴
  3. 意味のない設定の数々
  4. というかシナリオが単調でつまらない
  5. 面白いものを作ろうとしていない

 

大阪が舞台のアニメってことで、物珍しさから観てみましたが、近年稀に見るマジモンのクソアニメ、ゴミアニメを観てしまったなーという感想しか浮かんできません。

クソアニメと言っても「キルミーベイベー」「ファンタジスタドール」のような愛されるクソアニメじゃないです。見所が絵しかありません。彩度高めの前衛的な映像と、こよりちゃんのキャラデの良さ、それ以外はクソオブクソでした。

 

毎回同じことを繰り返すだけの単調なシナリオ、曲単体では格好良いけど、ただ垂れ流しているだけで話を盛り上げる気のない劇伴、とりあえずグリグリ動かしてはいるけど、特に動かす必要性を感じないカメラワーク。どれを取っても、

 

専門学校生の卒業制作かよ!!!

 

なんて突っ込みたくなるクオリティです。正直、これをプロの仕事とは思いたくないです。この作品に出資したスポンサーの皆様がかわいそうです。仕事じゃなくて趣味、あるいは実験なら、映像技術的に凄いとは思いますが。

 

面白さランキングをつけるなら

  1. けものフレンズ
  2. 幼女戦記
  3. 昭和元禄落語心中
  4. 小林さんちのメイドラゴン
  5. クズの本懐
  6. CHAOS;CHILD
  7. ハンドシェイカー

最終回まで完走したのは以上の7本です。けもフレは圧倒的1位として、2位から4位までは順位を付けるのに相当悩みました。そもそも異世界転生戦記物、リアル系、日常系と作品のジャンルが違うので、順位を付けるべきじゃないと思わないでもないです。

あと「ガウリールドロップアウト」も観たいんですが、そのうち観ようと言い続けて5月になっちゃいました。気が向いたら観ますが、気が向くのはいつになるやら。

 

春アニメは今のところ「エロマンガ先生」「サクラクエスト」「進撃の巨人」の3本をリアルタイムで観てます。エロマンガ先生に関しては原作も買ったので、読破したら感想を書こうかと。

広告を非表示にする

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!