IT系の人間がAndroidスマホに絶対入れる少しマニアックなアプリ13選

f:id:curemasuta:20170503184209j:plain

どうも、生まれてこのかたIT系を貫き通す男、マスタです。

電車の中でふと周りを見渡してみると、制服姿の中高生も、スーツ姿のサラリーマンも、お金持ちっぽい雰囲気のおばさままで、みーんなiPhoneを弄っているような気がします。

事実、うちのブログの閲覧者の6割はiPhoneユーザーです。

 

そんなiOS至上主義の日本において、何を血迷ったかAndroidスマホを購入してしまった皆様はお目が高い。理由はどうあれ海外では圧倒的にAndroidが優勢ですからね。

まあ、あくまでも「理由はどうあれ」という枕詞が必要ですが……。

 

Androidの魅力は自由度と拡張性です。

今回は、混沌としたAndroidの沼へ沈む第一歩として、Androidスマホを購入したら絶対にインストールしたい、ほんの少しだけマニアックなアプリを13個ほどご紹介しますので、是非最後までお付き合いください。

 

Nova Launcher

Nova Launcher ホーム
★4.6 無料
2017年5月3日時点

最高に軽くて使いやすいホーム画面を作る

星の数ほどあるホームアプリの中で、個人的におすすめしたいのは「Nova Launcher」です。

Nova Launcherは、ホーム画面に表示するアプリの数を増やしたり、アイコンのサイズを変えたりと、わりと自由にあれこれカスタマイズさせてくれます。後述の「Zooper Widget」と組み合わせると、下手したら1日潰れますよ。

それに加えて、設定画面のUIがシンプルで分かりやすいので、カスタマイズするのが楽なんですよね。どこを弄ればどうなるのかが分かりやすい……というか。

 

Helium

Helium - App Sync and Backup
★4.1 無料(広告を含む)
2017年5月3日時点

アプリ内のデータまでバックアップする最強アプリ

スマホ内のデータをバックアップするアプリは数多く存在しますが、PCさえ持っていれば間違いなく「Helium」が最強だと言えるでしょう。

 

Heliumの何が素晴らしいかっていうと、アプリ内のデータや設定、ゲームのセーブデータなんかまで全てバックアップしてくれるんですよね。

端末の機種変更や新品交換後でも、Heliumでバックアップしたデータを引き継げば、以前と全く同じ環境を再現できるんです。

 

PCを持っていない場合は……まあ「JSバックアップ」でも使いましょう。

 

Battery Mix

Battery Mix (バッテリーミックス)
★4.3 無料(広告を含む)
2017年5月3日時点

バッテリー残量の推移をグラフで表示

シンプルなバッテリー管理アプリです。

機能は大まかに分けて3つ。まず過去1週間のバッテリー残量の推移をグラフで表示できます。それから、どのアプリがバッテリーを食ったのかの内訳が分かります。そして、タスクバーの通知領域にバッテリー残量を表示できます。

 

QuickPic v4.5.2 Classic

QuickPic v4.5.2 Classic
★- 無料
2017年5月3日時点

最強の画像閲覧アプリだった頃の「QuickPic」

昔々あるところに、シンプル軽量かつ多機能で、多くのAndroid使いに愛される「QuickPic」という画像閲覧アプリがおったそうな。

QuickPicは大変働き者で、クラウド上にスマホ内の画像のバックアップを作成したり、他人に見られたくない画像を隠しフォルダとして非表示化したりと、たいそうな活躍ぶりだったそうな。

 

ところがある日、QuickPicは中国企業に買収されました。

中国企業の手によってバージョン4.5.3に更新されたQuickPicは、バックグラウンドで中国のサーバーと不審な通信をしたり、兵庫県より西側を中国領だと言いはったりと、悪さをするようになりました。

 

それを見かねた元の開発者は、中国企業に買収される直前のバージョン4.5.2に、自動でバージョン更新されないよう手を施し、「QuickPic v4.5.2 Classic」として公開しましたとさ。めでたしめでたし。

 

APKからのインストールの際は、設定画面の中の[ユーザー設定]→[セキュリティ]→[提供元不明のアプリ]をONにしておく必要があります。

公式ストアからはダウンロードできない、いわゆる野良アプリってやつですが、決して怪しいものではありません。怪しさで言ったら本家QuickPicのほうが上かと。

 

Lifebear

大人気カレンダーLifebear 予定・ToDo・日記・無料
★4.4 無料(アプリ内購入あり/広告を含む)
2017年5月3日時点

Todoリストは時代遅れ!スケジュール帳が最強

みなさん、Todoリストは作ってますか?僕は作ってません。どちらかというとTodoリストよりもスケジュール帳派なんですよ。

Todoリストの場合、「次はこれをしよう」「次はこれをやらなきゃ」と考える手間が発生しますし、いつまでに終わるかの見当も付けづらいのでストレスになります。

スケジュール帳であれば、事前に作業の順番を決めておける上に、開始時間と終了時間まで管理できちゃうので、いわゆる脳死プレイで物事を進められるわけです。

 

で、スケジュール帳アプリで最強なのが「Lifebear」です。

Lifebearはスケジュール帳、Todoリスト、ノートの3つ機能を融合させた、超絶万能意識高い系アプリです。「クラウド型電子手帳」という触れ込みの通り、作ったスケジュールはクラウド上で管理されます。Googleカレンダーとも同期させられるんですよ。

 

Zooper Widget

Zooper Widget
★4.0 無料
2017年5月3日時点

ウィジェットを自作してドヤ顔しよう

「Zooper Widget」は、ホーム画面に置くウィジェットを自作できるアプリです。

バッテリー残量や、CPU使用率、ストレージの残量、天気予報など様々な情報を、どんなデザインで表示するか、あるいはどんな条件下で表示するかなどを指定できます。できることが多いので、とにかくインストールして弄ってみてください。

 

スタバでApple製品を弄るより、Zooper Widgetでウィジェットを自作して、iPhone使いの友人に「このホーム画面いいでしょ~」なんて見せびらかすほうが、よっぽどドヤ顔できますよ。

まあ、iPhone使いは「ホーム画面=アイコンが並んだ画面」って考えが頭にあるようなので、時計がデカデカと表示されたホーム画面を見せると「それはロック画面って言うんだよ」なんて返される可能性が高いんですが……。

 

Adobe Photoshop Express

Adobe Photoshop Express
★4.1 無料
2017年5月3日時点

食べ物の画像をおいしそうに加工する

かの有名な「Adobe Photoshop」のスマホ版です。

画像編集アプリは様々試しましたが、食べ物の画像をおいしそうに加工したいときは、このスマホ版Photoshopの自動補正と[効果:春]を組み合わせるのが一番という結論に至りました。

欠点は画像のリサイズができないこと。それから動作が不安定なことでしょうか。

 

Image Shrink

画像縮小 Image Shrink Lite
★3.9 無料
2017年5月3日時点

画像をリサイズしてクラウドに保存

画像をリサイズして、ついでにクラウドに保存するだけのアプリです。

スマホ版Photoshopは画像のリサイズができないので、それを補うために「Image Shrink」を使い始めましたが、便利で快適なのでお気に入りですね。

 

ブルーライト軽減フィルター 

ブルーライト軽減フィルター ~ ブルーライトはアプリで対策!
★4.3 無料(広告を含む)
2017年5月3日時点

寝る前の1時間はブルーライトをカット!尿液晶とか言うな!

寝る前にブルーライトを浴びると睡眠の質が下がるって言うじゃないですか。とはいえ、寝る前だからってスマホを弄らないわけにはいかないじゃないですか。

 

そこでブルーライト軽減フィルターが登場するわけですよ。

有料版では時間ごとにブルーライトの軽減度を調整できるので、20時までは軽減度0%、21時までは30%、それ以降は50%……なんて設定もできますよ。

 

ファイルマネージャー+

ファイルマネージャー
★4.6 無料
2017年5月3日時点

無骨でシンプルなファイルマネージャー

Android端末をWindowsPCのようにガリガリと扱いたいなら、高機能で扱いやすいファイルマネージャーの存在は必要不可欠です。

 

僕のお気に入りは「ファイルマネージャー+」ですね。アプリを起動してから[メインストレージ]まで1タップで辿り着ける無骨さ、シンプルさが好きです。動作も軽量ですし、現状では広告も表示されません。

変な言い方ですが、高齢者向けのらくらくフォンに近い何かを感じます。

 

PVSTAR+

PVSTAR+
★- 無料
2017年5月3日時点

YouTubeをバックグラウンドで再生する

Androidはもちろんのこと、iOSにも言えることですが、モバイル端末向けOSのアプリケーションっていうのは、どうしてこう便利な機能をユーザーに使わせないようにしたがるんでしょうかね。

 

代表的な例はYouTubeのバックグラウンド再生機能ですよ。実装されたかな?と思えば、今度は有料サービスに組み込まれ、その有料サービスは日本で使えなかったり。

大人の事情って面倒臭いです。

 

そんな大人の事情を掻い潜りたい!そんなときに登場するのが野良アプリです。

公式のPlayストアから追い出されて久しい「PVSTAR+」ですが、現在はAmazonのアプリストアからダウンロードが可能です。もちろん無料ですよ。

 

ロケスマ

ロケスマ-コンビニ・カフェ・パーキングなどなどをスグ検索!
★4.1 無料
2017年5月3日時点

Googleマップにチェーン店の場所を一覧表示

僕は幼稚園の頃から地理マニアで、小学生の頃はよく両親に道路地図を買ってほしいとせがんでいた記憶があります。

お気に入りは昭文社の「でっか字」シリーズという、地名やチェーン店のロゴマークなどをフルカラーででかでかと載せた、シンプルなGoogleマップとは対極の、情報量重視の道路地図でした。ちなみに北海道版から九州・沖縄版まで全て持ってましたね。

 

「ロケスマ」は、シンプルでどこか味気ないGoogleマップを「でっか字」のような情報量重視の地図に変身させるアプリです。

Googleマップ上にコンビニ、スーパー、弁当屋、レストラン、ファストフード店、100円ショップ、ドラッグストア、ホームセンター、ATM、郵便局などの情報を一覧表示してくれます。

ネットカフェの情報も載っているので、貧乏旅行でお金がなく、宿はネカフェか野宿の2択……なんてシチュエーションでも役立ってくれます。去年秋のヒッチハイク旅行では何度もこのアプリに助けられました。

 

GPS HDUスピードメーター

GPS HUDスピードメーター
★4.3 無料(広告を含む)
2017年5月3日時点

現在の移動速度を測定してくれる

GPSの現在地情報をもとに、移動速度と移動距離を割り出します。

 

……えっと、機能はそれだけです。

 

たとえば新幹線に乗っているとき、ふと「いま何キロくらい出てんのかなー」と考える瞬間があるじゃないですか。少なくとも僕はあります。逆に地方のローカル線のディーゼル車がクソ遅く感じるとき、ありますよね?

そんなときに起動すると、現在の列車の速度が丸わかりというわけです。

 

【総括】もうTaskerはいらない

「少しマニアック」と言いつつ、定番アプリばかり紹介して申し訳ないです。

それから「IT系の人間」なんて書いたわりには、かの有名な「Tasker」を紹介しなかったので、画面の前の皆様の中には「さてはコイツにわかだな?」なんて思われた方もいらっしゃるかもしれません。

あくまでも僕個人の意見ですが、Androidもlollipop以降は随分と洗練されているので、もうTaskerの出番はないかなと思います。弄れば楽しいとは思いますが。

 

ちなみに記事中で何度も「クラウド」と連呼していますが、僕はDropbox派です。最初の容量はたったの2GBですが、なんやかんや言って無課金で増やせますし、動作も軽いしで最強だと思いますね。

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!