応用情報技術者試験に合格したので、その合格記を書いてみる

うん、まさか受かるとは思わなんだ。

自己採点では午前が65点くらい、午後が40点くらいで、こりゃ落ちたなーと思い、それからしばらく忙しかったのもあって、応用情報を受験したことさえすっかり忘れていましたが、不可解なことにちゃっかり合格していました。

 

まずはリザルト晒し

f:id:curemasuta:20170621234814p:plain

なんじゃこりゃ。

どう考えても奇跡か、あるいは神の悪戯としか思えない。しかも、午前問題より午後問題が高得点だなんて、まるで無勉強で受験して合格した人の成績みたい。

というのも、どうやら今回の試験はそれなりに難易度が高かったようで、午後の採点が若干甘めだった可能性があるっぽいです。実質まぐれで合格した僕のような能無しは、今晩からIPA様に足を向けて眠れませんね。

 

受験者(ぼく)のスペック

19歳、学生です。

とある地方都市……というか仙台の某専門学校に通ってます。ネットワーク系の学科ですが、授業があまりにもクソゴミすぎて、学校で何か新しいことを学んだ記憶が10KBくらいしかありません。せいぜいCisco機器のコマンドを覚えたくらい?

あと、Web方面はそれなりに得意なつもりです。

 

勉強法について

受験したのが2ヶ月以上前のことで、もう忘れちゃいました……と言えばそれまでの話。なんとか3月、4月あたりのことを思い出して、無理やり書き起こしてみる所存。

 

勉強時間は30時間くらい

3月の頭くらいから午後の過去問を1日2問ずつくらい解いてましたが、3月の終わりくらいから忙しかったので、4月は1秒たりとも勉強した記憶がありません。

問2の経営戦略、問3のプログラミング、問6のデータベースに関しては、最初から選択しないと決めていたので、完全に無対策です。ポケモンの努力値と同じです。得意分野に特化するのがさいつよなのです。

 

参考書について

参考書は買ってないです。

皆様おなじみの「応用情報技術者試験ドットコム」で過去問を解きまくれば受かります。というか、下手に参考書を読み込むより、過去問道場で過去問を解きまくって、間違えた問題の解説をその都度読んでいく脳筋方式のほうがよっぽど効率的です。

 

午前問題の勉強法

過去問をひたすら解く。以上。

午前はどうせ過去問が使い回されます。過去5年間に出題された問題を解きまくれば余裕で合格点に届きます。「応用情報技術者試験ドットコム」の過去問道場で、正答率を80%くらいまで上げられたら、午前試験は合格したも同然でしょう。

 

午後問題の勉強法

過去問をひたすら解く。以上。

基本情報と違い、記述式の問題が出題されます。ひたすら過去問を解きまくって、どんな雰囲気で解答すれば良いのかを掴めば捗るかと。そしたら後は国語の問題です。

午前問題の内容を理解していれば、ある程度の問題は解けます。問7の組込みシステムに至っては、午前問題の内容が分からなくても日本語さえ分かれば解けます。

 

応用情報ではプログラミングを回避できるので、僕のようなプログラミング嫌いマンにとっては、基本情報より簡単に感じるかと思われます。なんだったら、基本情報を飛ばして応用情報を受けるという選択肢も大アリです。

 

午後の選択問題でのおすすめ

得意分野を選んでください。合格しちゃえば勝ちですから。わざわざ苦手分野を選ぶ必要はありません。なんなら苦手分野は勉強しなくていいです。得意分野に絞って勉強してください。

……なんて極論はいったん置いといて。

 

問7は絶対に選択しよう

上でも書いたように、問7の組み込みシステムは日本語さえ分かれば解けます。問題の答えが文章中に書いてあります。実質的に国語の問題です。というか、作者の気持ちを推察しなくて良い分、国語の問題よりずっと簡単です。

 

問5は必須問題の問1とセットで勉強できる

問5のネットワークと問1のセキュリティは2つでセットみたいなもんです。ネットワークの勉強をすればセキュリティにも触れますし、セキュリティの勉強にはネットワークの知識が欠かせません。二つセットで勉強すれば一石二鳥です。

 

問2、問9、問10、問11はノリと勢いで解ける

問2の経営戦略、問9のプロジェクトマネジメント、問10のサービスマネジメント、問11のシステム監査のような文系チックな問題は読解力と気合で解けます。実務的な例を挙げた問題が多いので、実務経験のない学生なら想像力も必要です。

 

秋はネスペを受けます

応用情報より更に上の高度試験になると、情報セキュリティスペシャリスト以外は1年に1回しか実施されないらしいという驚愕の事実をたった今知りました。

はぁ……戦慄せざるを得ない。

 

本当はデータベーススペシャリストを受けたいところですが、どうやら次に実施されるのは来年の春のようです。というわけで、今年の秋は実施される試験の中で唯一論文問題がないネスペあたりを受けてみようかと考えてます。

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!